交通事故に遭った場合の流れ|神戸|西谷法律事務所

JR神戸線・六甲道駅前 西谷法律事務所

交通事故に遭った時の流れについて

 交通事故に遭った場合の発生から解決までの流れについて解説しています。

警察に通報することで、事故証明が発行されます。この事故証明がないと保険金は支払われません。中には「希望の慰謝料を払うので警察に通報しないで」などと示談交渉する運転手もいますが、後々にトラブルになることが多いので、先ずは警察に通報しましょう。

怪我をしていたり、少しでも痛みがあれば、後に大事に至ることがありますので必ず病院に行き、診断してもらい、しっかりカルテに症状を記憶してもらいましょう。 病院に行って適切な治療を受けなければ、症状と事故との関係が曖昧になってしまい、適切な損害賠償金を受けられないことがあります。

後遺障害(後遺症)が残って、これ以上治療しても回復が見込めない状態を「症状固定」といいます。 症状固定になると治療費が打ち切られ、後遺障害の等級が認定され損害の補償を受けることとなります。但し、症状固定が認定されると、その後の後遺障害については補償されませんので注意して下さい。

いよいよ示談交渉です。賠償額が提示されたら、必ず示談書(承諾書、免責証書、症状認定など)にサインをする前に、弁護士にご相談下さい。 交通事故を専門的に取り扱っている私たち弁護士が示談の提案書の見方をご説明し、損害賠償額が適切かアドバイスさせて頂きます。

通常、保険会社の提案額は、裁判所の基準等からしますと低いと言わざるを得ません。それは保険会社が少しでも安く示談金を抑えるよう交渉してくるからです。 保険会社から示談金を提示されたら、まずは弁護士にご相談し、ご依頼されることをお勧めいたします。
このような場合、弁護士があなたの代理人となって、治療費はもちろん、通院交通費、休業補償、雑費なども含め、しっかりと保険会社と交渉いたします。
また、交渉しても保険会社が納得できる提示がされなければ、訴訟を提起し、裁判で解決します。

※ 現在、交通事故に関するご相談は初回に限り1時間無料とさせて頂いております。

 交通事故後の対処について

 あなたが交通事故の被害者になった場合の保険会社との示談交渉や損害賠償請求訴訟について

ホームページをご覧になられた方、ご紹介の方のご相談は初回1時間無料です。



業務のご案内
事務所紹介

交通アクセス

お問い合わせはこちら

スマートフォン専用


【 活動地域=神戸市灘区・東灘区・中央区・神戸市内及び芦屋市、西宮市など兵庫県内全域 】